浅香山病院 一般科

浅香山病院 一般科

浅香山病院は1922年から続く歴史ある病院である。敷地面積約9,000㎡の1Fランドスケープデザインと、3F屋上リハビリ庭園、4F緩和ケア庭園が主なランドスケープ計画である。

<1Fランドスケープデザイン>
雑木の森に浮かぶ病院をコンセプトに、緑の環境に支えられた病院らしさを感じさせない暖かみを持った空間を目指した。「やわらかい緑に包まれた環境」「ヒューマンスケールの庭」をポイントにまちに開かれた緑豊かな病院として機能している。

自主的に歩道を拡張したオープンスペースは、まちかどの緑と憩いの庭として患者と地域住民に利用されている。

エントランスには彫刻家和泉正敏氏の作品を配置し、自然の力強さを印象付ける石の彫刻が歴史ある病院の品格を演出する。見るだけではなく作品に触れ、ベンチとしても利用可能な待合機能も兼ねた実用的な前庭として設計した。

大部分を占めるロータリーの舗装をアスファルトではなく、暖色系の半たわみ舗装とすることで病院の冷たいイメージを払拭し、ロータリーが庭の一部として浮かび上がっている。

<4F緩和ケア>
緑の絨毯と広がり続ける背景の空が美しく見える“空のルーム”として計画。緩和ケア病棟のデイルームに面した屋上庭園はその人の人生と向き合い、穏やかな時間を過ごす空間を目指した。

“ボランティアがもてなす花と空”“空を映す石台とシダレザクラ”“人のシルエットに切り取られた空”など移りゆく時間を感じさせる空と自然の現象が浮かび上がる庭となっている。

<script>   (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){   (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),   m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)   })(window,document,’script’,'https://www.google-analytics.com/analytics.js’,'ga’);

ga(‘create’, ‘UA-102813609-1′, ‘auto’);   ga(‘send’, ‘pageview’);

</script>

基本情報

名称:浅香山病院 一般科
所在地:大阪府堺市
面積:約9,000㎡
竣工:2016.01
受賞歴:第6回みどりのまちづくり賞
デザイナー:忽那裕樹、山田匡、中谷丞、柴田塁斗(元所員)