浅香山病院 希望の広場(屋上リハビリ庭園)

浅香山病院 希望の広場(屋上リハビリ庭園)

回復期リハビリ病棟に併設されたリハビリ庭園。リハビリスタッフ、医師、看護師、病院関係者を集めたワークショップを重ね、協働しつくりあげた計画である。運動機能を高める様々な舗装環境を歩行するルート設定や多様な勾配を持つアップダウンコース、植栽の立ち上り全てが園芸療法に活用出来るレイズベッドの設えや菜園スペース。全てのデザイン要素にリハビリプログラムを潜ませた美しい庭園を目指した。
植栽はウジョウシダレやサルスベリ、イロハモミジやフユザクラ等四季を演出する樹木の他、オリーブやレモン等の果樹や園芸療法に活用するハーブ類、菜園を園路沿いに配置することで、1年を通して外に出るきっかけを生む植栽計画を行った。

<script>   (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){   (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),   m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)   })(window,document,’script’,'https://www.google-analytics.com/analytics.js’,'ga’);

ga(‘create’, ‘UA-102813609-1′, ‘auto’);   ga(‘send’, ‘pageview’);

</script>

 

基本情報

名称:浅香山病院 希望の広場(屋上リハビリ庭園)
所在地:大阪府堺市
面積:約650㎡
竣工:2015.04
受賞歴:第6回みどりのまちづくり賞
デザイナー:忽那裕樹、山田匡、中谷丞