SENNAN LONG PARK 泉南りんくう公園

SENNAN LONG PARK 泉南りんくう公園

海と空とみどりを感じる、想い出づくり

関西国際空港の対岸に整備されているりんくうタウンの「府営りんくう公園」のうち、整備が進んでいなかった泉南市域に新たに都市公園を設け、民間事業者が公園と商業施設を一体的に計画し、「泉南市の賑わいを創出するレクリエーション・まちづくりの拠点」を整備した。事業コンセプトとして、地域資源を活用し、まちづくりを支える海浜公園として「スポーツ」「食」「環境」の3つのテーマを掲げた。

南北約2kmの広大な敷地は大きく分けて4つのエリアで構成される。
アクティビティエリア:大型アスレチックやスケボー、3on3バスケット、サッカーなどのスポーツを楽しめるエリア
コミュニティエリア:飲食店や子供の遊び場、オートキャンプ場が集まるエリア
マルシェエリア:漁港と連携した、地域の産物を堪能できるエリア
ラグジュアリーエリア:ホテルとキャンプを融合したグランピングを体験できるエリア

夕日百選に選ばれている立地特性や海辺の植生環境などを活かし、「海辺を代表する風景の骨格」と「海を望むための仕掛けづくり」としてのランドスケープデザインを実現した。

基本情報

名称:SENNAN LONG PARK 泉南りんくう公園
所在地:大阪府泉南市りんくう南浜2-201
竣工:2020年4月
規模:敷地面積 107800㎡
デザイナー:忽那裕樹、近藤秀樹、松崎篤洋、森由紀子(元所員)